デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいが一般的?

デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいが普通なのか知りたい人は多いのではないでしょうか。

正直、肌の色やメラニン色素の多さは個人差もあります。そのため、治療期間も短い場合も、長い場合もあります。

ただし、自分自身のデリケートゾーンの色がどうなのか確認したり、どうすればより早く黒ずみを解消できるかを知るだけでも安心する場合もあります。

デリケートゾーンの黒ずみの平均は「赤黒い程度」。そして、正しい洗い方や正しい下着選び、美容皮膚科を利用することで、最短で治療が終わることもわかりました。

デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいが平均?

デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいが平均か調べると、「赤黒い程度」の答えが多いです。

正直な話、肌の色によってデリケートゾーンの色は左右されます。肌の色が濃い人はメラニン色素が多いです。肌の色が薄い人はメラニン色素が少ないです。日本人は黄色人種で、白人よりも多く、黒人よりも少ないと言えます。しかし、個人差はあり、もともと肌の色が黒い場合や日焼けをしやすい場合だと、メラニン色素も多いためデリケートゾーンも黒ずみやすくなります。

デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいかは個人差による

メラニンの量は、同じ人種であっても違うものです。日本人でも、紫外線にあたると肌が赤くなる人、すぐに日焼けして小麦色になる人がいます。同じ肌色の人であっても、すぐに日焼けする人の方がデリケートゾーンの黒ずみになりやすいため、デリケートゾーン部分だけが黒い場合もありえます。

このようにデリケートゾーンの色にも個人差があります。

他の人と比較しない方がいいとは思いつつも、平均値を知りたいと感じる人が多いのです。

デリケートゾーンの黒ずみが気になるなら下着や洋服にも気を配るべき

デリケートゾーンの黒ずみが気になるのなら、下着や洋服にも気を配るべきです。

スキニーパンツやしめつけの強い下着をはくなどしていると、デリケートゾーンは摩擦によって黒ずみになりやすいです。

意外なのは、自分のサイズに合わない小さい下着だけでなく、レース、リボン、紐といったかわいいデザインも肌に食い込むと刺激となることです。

サイズだけでなくN.G.デザインもあることを頭に入れて下着を選ぶ必要があります。

デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいで治るか?

デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいで治るかと悩んでいる人に伝えられるのは、方法によっては1ヶ月程度ですぐに治る方法もあるということです。 ・インティマレーザー ・レーザートーニング ・ケミカルピーリング ・塗り薬 この中で、インティマレーザーやレーザートーニングは短期間で治療が終わります。1週間に1度の通院、3回ほどで効果があると考えた場合に1ヶ月程度で効果があります。 塗り薬は美容皮膚科ではレーザーと併用されることが多いのですが、塗り薬のみだと8ヶ月くらいはかかります。 かけられる金額が高額であるほど、短期間で黒ずみ治療は終わります。

デリケートゾーンの黒ずみがどのくらいで治るかは「正しい洗い方」がカギ

デリケートゾーンの黒ずみがどのくらいで治るかは、デリケートゾーンを正しく洗えているかもポイントです。

デリケートゾーンが黒ずむかは毎日のケアにかかっています。

デリケートゾーン周辺の皮膚はまぶたより薄いです。そのため、摩擦などの刺激を受けやすいです。

デリケートゾーンの洗い方を工夫する、デリケートゾーンの黒ずみ解消につながります。


デリケートゾーンの正しい洗い方は

1.ボディソープはしっかり泡立てる

2.指の腹を使ってていねいに洗う 

3.洗った後はクリームや保湿シートを使う

の3STEPが大切です。


絶対にゴシゴシ洗いはしないようにします。デリケートゾーン専用石鹸を使わなくても構いませんが、ニオイやかゆみを感じるなら使った方がいいでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみがすぐに治る方法はある?

デリケートゾーンの黒ずみがすぐに治る「インティマレーザー」や「レーザートーニング」を紹介します。


・インティマレーザー

レーザーを照射して、皮膚のメラニンを輩出していくことで黒ずみを解消する方法です。

照射は5分程度で、大陰唇は1回ほどでも効果があります。小陰唇は黒さによって違いますが、それでも3回ほど続けると効果が感じられます。パチッとした痛みがありますが、局所麻酔をしてくれる場合もあります。1回あたり10万円~20万円と高いですが短期間で治療ができます。


・レーザートーニング

インティマレーザーよりも痛みが少ないのがレーザートーニングです。ダウンタイムがほぼなく、麻酔も不要なほどの痛みです。レーザーで照射した後に、保湿クリームでケアして終了です。1回あたり1万円ほどで、5回から10回程度施術をすることで効果が出ます。

デリケートゾーンの黒ずみが1ヶ月で治った方法はこれ

デリケートゾーンの黒ずみが治るのに1ヶ月程度かかるのが、ケミカルピーリングです。

ケミカルピーリングは、以下のとおり行われます。


1.薬剤を対象の部位に塗る

2.時間は3分程度浸透させる

3.水で湿らせたコットンで薬剤をふき取る

4.皮膚の様子を見ながら繰り返す

5.保湿して沈静させる


1週間に1度の治療を行い、3回から5回程度続けながら様子を見ていきます。

ケミカルピーリングの金額は1回あたり5000円~です。

デリケートゾーンの黒ずみ解消にクリームは長期間かかる

デリケートゾーンの黒ずみはどのくらいでよくなるかと考えた時、一番、治療に長い時間がかかるのは塗り薬です。治療には8ヶ月から10ヶ月ほどかかります。

美容皮膚科でも塗り薬を処方されますが、ケミカルピーリングやレーザー治療と並行して行うことが多いです。

処方されるのは、ハイドロキノン、トレチノインの2つが多く、塗り薬を併用することでターンオーバーを促進させて黒ずみ解消を促します。

塗り薬の金額は病院によっても違いますが、ハイドロキノンは3,000円~、トレチノインは5000円~です。

記事一覧